KANETOKU
商品紹介 企業案内 企業理念 商品開発 店舗紹介 芦屋工房サイトへ
Q&A問い合わせリンク今日の言葉社員のつぶやき個人情報について環境方針ENGLISH
企業案内 会社概要 沿革 組織図 営業拠点  ISO 認証取得
沿革
大正13年 創業者・東村コ太郎、神戸市東灘区で
瓶缶詰ならびに菓子の行商を始める。
大正14年 芦屋市において、瓶缶詰の小売店を開く。
この年を創業の年とする。
昭和12年 食品製造を始める。
昭和26年 中国産クラゲを輸入し、くらげウニの製造開始。
大丸神戸店に出店。合資会社 東村商店設立。
昭和35年 7月、合資会社 東村商店を、株式会社東村コ太郎商店に改組。
昭和42年 三田工場設立。
昭和43年 カネトク創作珍味を発表。 創業者 東村コ太郎
昭和44年 インドネシアの飛魚卵を原料卵として商品化。
インドネシアのくらげの商品化。
昭和45年 東京営業所(現・東京支店)開設。
昭和47年 名古屋営業所(現・名古屋支店)開設。
昭和49年 北海道営業所(現・札幌支店)開設。
昭和50年 福岡営業所(現・福岡支店)開設。
昭和54年 東村コ太郎、勲五等瑞宝章受章。
昭和55年 篠山工場竣工。
昭和56年 ペルーの飛魚卵を原料卵として商品化。
昭和57年 インドネシア・バリ島の水産資源開発を始める。
昭和58年 トルコの黒海でトップシェルの商品化。
昭和61年 6月、東村克コ、社長に就任。
東村コ太郎、チリ政府によりヴェルナルド・オ・ヒギンス勲章受章。
平成2年 インドネシア産ちりめんじゃこを開発輸入。
平成6年 1月22日、CI宣言。
2月、日糧物産株式会社、グループ会社となる。
平成7年 1月、阪神大震災により、本社を一時篠山工場に移す。
3月、本社を神戸市中央区御幸通に移転する。
(H9.3神戸市中央区東町に本社を戻す。)
5月、香港にASIA VIEW INVESTMENT LIMITED設立。
12月22日、ベトナムのハビコ社と事業協力契約を結ぶ。
平成8年 4月3日、CIデビュー。「株式会社かね徳」に社名変更。
平成10年 1月、本社を創業の地、芦屋市に移転する。
7月、新組織が発表され、マネージャー・リーダー制度を実施。
9月、篠山工場で生産されている製品がHACCPの許可を受ける。
11月、ベトナムBCCプラントがHACCPの証明を受ける。
平成11年 1月、東京支店移転。
4月、目標管理による人事評価開始。
平成12年 7月、営業部通販チーム発足。
9月、創業75周年を記念した社史を発行。
平成13年 3月、札幌支店移転。
5月、名古屋支店移転。
10月、福岡支店移転。
平成15年 4月28日、かね徳芦屋工房本店 開設。
平成19年 8月24日、東村克コ 会長に就任。
東村具コ 社長に就任。
平成23年 2月、宝探しプロジェクトを実施。
平成25年 3月、売上日報を貢献利益日報に切替える。
平成26年 8月、東村克コ 会長を退任(名誉会長)
平成27年 4月、年間休日を109日に増やす。
平成28年 8月、創業90周年(平成27年)を記念した社史発行。
株式会社かね徳